健康寿命と歯

歯と健康寿命との関係

2013年から「第2次 健康日本21」がスタートしました。

健康日本21とは、厚生労働省が推進する国民の健康づく
り計画です。
 
対象となるのは、国民一人一人です。
 
少子高齢化が進み、日本の財政を圧迫している社会保障費
(医療費や介護給付費など)の増加を少しでも抑えるため、
 
みんなが元気でいられる寿命を延ばす環境づくりが進めら
れています。
 
一人ひとりの「健康寿命(自律して暮らせる期間)」をのばす
ため、
 
「栄養・食生活」「身体活動・運動」「休養・こころの健康づ
くり」「たばこ」「アルコール」「歯の健康」「糖尿病」「循環器病」
「がん」の9つの分野で目標を決めています。
 
「健康寿命」は文字通り、健康で明るく元気に生活できる期間
のことを言います。
 
即ち介護等、他人の世話にならなくても生活できる状態を言っ
ています。
 
歯と口は、「食べる」「味わう」「話す」といった人が生きるうえ
で重要な役割を持っていて、
 
こころと体の全身の健康に影響があるため、
 
歯の寿命を延ばすことは、健康寿命を延ばすためにとても大切
なのです。
 
日本の未来のためにも、あなたご自身のためにも、健康寿命を
延ばすことはとても大切な事です。
 
自分の歯がたくさん残っていると、全身疾患のリスクが低く、
長生きになるというデータが、さまざまな国の研究から報告
されています。
 
歯がある人と無い人を比べると、残りの寿命が全然違います。
 
歯を失った人のその後を観察すると、急に身体にいろいろな
症状が出たり、生活習慣病の発症率が高くなったりしている
のです。
 
この他にも歯が無くなることは、がんの発症や死亡に関連が
あるというのです。
 
歯が無いということは、特に消化器系のがんの発症と関連が
高いと言われています。
 
健康寿命を延ばすために今後、日本でますます課題になると
思われるのが認知症です。
 
この認知症についても、歯との関係についていろいろな報告
があります。
 
健康な歯が多いこと、むし歯があってもちゃんと治療してい
ること、
 
もしくは歯が残っていることは、
 
認知機能と関係があるというのです。
 
また高齢の方にとって肺炎は深刻な疾患です。
 
日本人全体の死因に占める肺炎の割合は約10%ですが、
そのうち96%までが65歳以上の高齢者です。
 
高齢になると飲み込む機能が低下するため誤嚥性肺炎が原因
で亡くなる人が多いからです。
 
そうしたことから口のなかをきれいにする口腔ケアをおこな
うと、肺炎の予防になると言われています。
 
うがいや歯磨きはいつもしていると思いますが、
 
顔の表情をうまく作ったり、口のまわりの筋肉を鍛えたり、
舌の運動をしたり、唾液腺のマッサージで唾液の分泌を
スムーズにすることも大切です。
 
歯の健康とともに口腔の機能を維持すると、おいしく食べら
れます。
 
これは健康寿命を延ばすことにつながります。